舞台装置の用語集

あいがけ(合い掛け)
「平台」を一台の「足」や「箱足(箱馬)」に半分ずつ乗せて「二重」を組む技法のことをいう。
あおりかえし(煽りかえし)
二つに分割された張物の表と裏に別々の背景画を描き、蝶番(ちょうつがい)などの軸を中心に回転させる事で舞台の転換を行う方法のことをいい、その軸に取り付ける張物の数で、「二枚あおり」、 「三枚あおり」などと呼ぶ。
あおる
舞台で「張物」などを立てるときに垂直にしないで、正面から見て少し仰向けに立てるような時に「あおる」という。
アクティング・エリア acting area
舞台面積のうち、大道具背景に囲まれ、出演者が演技を行うスペースの大まかな表現。
あげまく(揚幕)
(1)歌舞伎舞台の「鳥屋」から「花道」へ出るところで開閉される幕のことをいう。 (2)歌舞伎舞台の上手ちょぼ床の下に吊られる幕をいう。 (3)能舞台の鏡の間から橋懸りに出るところに吊り下げられた幕も「揚幕」といい、この場合には特に「御幕(おまく)」と呼ばれる。
あさぎまく(浅葱幕)
浅葱色(水色)の木綿幕で、歌舞伎では日中の屋外を表す。また振り落とし、振りかぶせ、空バックなどにも使う。現在では「浅葱幕」を浅黄幕と表記されているの見かけるが誤り。
あし(足)
「二重」を組むために「平台」を乗せる台のことで、「箱足」、「箱馬」、「馬」などの総称。
あてもの(当て物)
歌舞伎用語。大臣柱の外側、つまり上手のちょぼ床と下手の下座を囲う「張物」の事で、黒の場合と、舞台を広く見せたい情景の時には絵が描かれる場合とがある。「囲い(かこい)」または「打物(うちもの)」ということもある。
あぶらげ
直角三角形の「平台」を指す俗称。
アリーナ・ステージ arena stage
オープンステージの一種。中央の舞台を取り囲んで周囲に客席のある舞台。「センター・ステージ」ともう。
あんぜんネット(安全ネット)
(1)「綱元」の「カウンターウェイト」が万一落下した時に、飛散を防ぐために綱元を「簀の子(すのこ)」まで覆う金網のガードフェンスのこと。 (2)「迫り」などの舞台床の開口部からの人や品物の落下を防止するために、開口部を覆う金網の棚状の覆いのことをいう。
あんてんまく(暗転幕)
舞台転換用に使われる黒い幕で、緞帳のすぐ後に設備されているのが一般的。幕の素材としては帆布が一般的で、別珍やメルトンの幕もある。舞台を真っ暗にして転換する代わりに、いったん暗くしておいて、この幕を降ろしてから、幕の中を明るくして速やかに転換を行い、再び舞台を暗くしてから、この幕をあける。
いちもんじ〔まく〕(一文字〔幕〕)
 
舞台間口一杯の幅で舞台上部に緞帳と平行に吊られた細長い黒幕で、吊り上げられている大道具や照明器具を、観客の視線から遮るための物をいう。舞台にはふつう複数の一文字幕が吊られていますが、緞帳に近い方から順に、第1一文字、第2一文字というように呼ばれる。地方によっては、「かすみ」、「べか」ともいう。正確には「一文字幕」ですが、現場では単に「一文字」と呼ぶことが多い。
いってんづり(一点吊り)
シャンデリアや柱などを「簀の子(すのこ)」から1本のワイヤーで吊り下げる装置の事をいう。複数の「一点吊り」を使用して立体の大道具を吊り下げることも出来る。
インターカム 
各パートへの指令や、舞台進行の連絡を行なう為の通信装置のこと。一般に「インカム」と呼んでいる。
イントレ
本来の用途は、建築現場用の鉄パイプ製の仮設組立足場で、強度に優れ簡単に組み立てられ、高さを得やすいことから、仮設ステージや舞台でも使われるようになった。「イントレ」の語源は、D・W・グリフィス監督の映画「イントレランス」(1916年)撮影の時に、スポットライトなどを設置する目的で多用されたので、この仮設用組立パイプ足場のことをイントレランス、略して「イントレ」といい、映画・テレビ・舞台の世界のみで通用する俗称になった。
ウィング
舞台袖または袖幕のことを指す言葉。
ウェイト
カウンター・ウェイト・システムで使う錘(おもり)である「鎮子(しず)」のことをいう。バトンに吊り下げられた大道具や照明器具などの重さに合わせて「綱元」の枠に乗せてバランスを取り、昇降操作を容易にするための錘。また、「張物」などを立てるための「人形立て」などに使用する錘もある。
うしろぶたい(後舞台)
主舞台の奥にある、主舞台と同じ広さを持った舞台のこと。
うすべり(薄縁)
畳を表すために舞台に敷く畳表のことをいう。
うちもの(打物)
(1)平面(平目(ひらめ))の大道具に柱・巾木(はばき)・飾りなどを立体的に打ちつけた物のことをいう。 (2)歌舞伎用語。大臣柱の外側、つまり上手のちょぼ床と下手の下座を囲う「張物」のことで、黒の場合と、舞台を広く見せたい情景のときには絵が描かれる場合とがある。「当て物(あてもの)」または「囲い(かこい)」ということもある。
うま(馬)
「二重」を組む時「平台」の下に置く台のこと。
うまたて(馬立)
舞台の下手、上手などの舞台袖に建てられた枠組で、劇場備え付けの大道具の張物や切出しなどを、立てて格納するための場所をいう。
エプロン・ステージ
 
緞帳(どんちょう)より前の舞台のことで、緞帳が開いた時は本舞台の延長となり、緞帳が閉まっている時は独立した舞台として使うことが出来る。
エレベーション
 
舞台装置を正面から描いた絵図のこと。この絵は彩色されていて、舞台装置のための原画となる。
えんけいげきじょう(円形劇場)
舞台や客席が円形で構成された劇場で、ギリシャ劇場はこの形式の代表的劇場。
エントランス・ホール
 
劇場の入口(もぎり)の前にあり、観客が開場を待つための空間。
おおぐろ〔まく〕(大黒〔幕〕)
舞台奥に吊られる黒い幕で、通常別珍(ピロード)の二倍ひだの黒幕。黒ホリゾント幕とは異なる物で、歌舞伎においては「夜・暗闇」を表現している。
オーケストラせり(迫り)
 
「オーケストラ・ボックス」の床を「迫り」にして、舞台面まで迫りを上げて張り出し、「前舞台」として使用し、また客席床面 と同じ高さにして客席として使用する場合がある。「オーケストラ迫り」を縮めて、単に「オケ迫り」と呼ぶ事も多い。
オーケストラ・ピット
 
舞台と観客席の間にある、オーケストラを演奏するための場所で、通常オペラやバレエのオーケストラはこの場所で演奏されます。固定設備の「オーケストラ・ボックス」として設置する場合と、「オーケストラ・ピット迫り」の床機構として設備される場合とがある。オーケストラ・ピット迫りは、舞台面 と同じ高さまで上げて「張り出し舞台(エプロンステージ)」にしたり客席床面 と同じ高さにして客席の一部にしたり、多目的に使用される。
オーケストラ・ボックス
 
オペラ・バレエなどを上演する場合、舞台の前面でオーケストラ楽員が演奏する場所のこと。客席床面より1mほど低い位置で、客席側は手摺りが設けられている。
おおすのこ(大簀の子)
舞台の上部にあり、吊り物用の機械、滑車などが取り付けられている。昔は木製の、今では鉄製の簀の子状の作業床をいう。関西では昔、竹を組み合わせて造られたため現在でも「ぶどう棚」と呼ばれている。
おおぜり(大迫り)
 
主に大道具を乗せて舞台転換に使用する、舞台正面中央にある大型の迫りのこと。
おおどうぐ(大道具)
舞台上に組み立てられた飾りのことで、書き割り、建物、樹木、岩石など出演者が手に持つことのない物で、演出上必要とする場面を表す道具の総称。セットや大道具の担当者(大道具方)のことを「大道具さん」などと呼んでいる。また、家具や装飾品など持ち運びが出来て、出演者が手にするものは「小道具」と呼ばれる。
おおひらぶたい(大平舞台)
歌舞伎舞台で、平舞台の舞台間口一杯に飾られた屋体のことをいう。
オープン・ステージ
 
客席と舞台とが「プロセニアムアーチ」によって仕切られることなくギリシャ劇場のように客席と舞台が同じ空間の中にある劇場の形式。
おおらんま(大欄間)
歌舞伎舞台の「下手大臣柱」と「上手大臣柱」の上部をつなぐ黒塗りの欄間のことをいう。
おがむ
「張物(はりもの)」などを立てるときに、垂直に立てないで、正面から見て少し前かがみに立てることがしばしばある。そのような時には「おがむ」という。
おくぶたい(奥舞台)
  
(1)「主舞台」の奥にある、主舞台と同じくらいの広さを持った舞台のこと。(2)「主舞台」の後方の空間をいう。 おはやしべや(御囃子部屋)歌舞伎舞台の下手の大臣柱の外側で囃子を受け持つ鳴物連中が演奏する場所のこと。「黒御簾(くろみす)」ともいう。
オフ・ステージ
 
客席から見えない部分全体を指す。つまり舞台裏のこと。
オペラ・カーテン
 
引割幕の一種で、斜め左右上方に絞り上げる開閉機構を持つ幕(緞帳)のこと。オペラの上演でよく用いられる。「オペラ・カーテン」は和製英語で、欧米では「タブ・カーテン(tab curtain)」という。我が国で使われている「オペラ・カーテン」では、引割幕や絞り揚げ幕のような使い方が出来るように作られている場合が多い。
おまく(御幕)
能舞台で「鏡の間」と「橋懸り」の間に掛ける幕のことで、ふつう唐草地の5色(白青赤黄黒)の緞子(どんす)を縦に縫った物が用いられる。
おんきょうはんしゃばん(音響反射板)
「プロセニアム」形式の舞台でオーケストラの演奏を行なう時、音響効果を良くするために使用する構造物。使用しない時は、舞台上部にいくつかのセクションに分けて別々に解体格納するか、または舞台後方に移動して格納するのが普通。最近では舞台床下に格納するシステムもある。また簡単に組み立てることの出来る小規模なものもある。
オン・ステージ
 
「オフ・ステージ」に対し、舞台の観客に見える部分のことをさす。